09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

ひがしめろぐ。

  気の向くままに好きなモノを。白い209と、通勤形と、ゆるゆると。

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2011

06/26

Sun.

たくさんの思い出を ありがとう-京葉区201系54+K4編成 廃車回送- 

避けたいと願えど、時代には逆らえない。

そんなコトバを実感した日、平成23年6月23日。
京葉区201系最後の廃車回送、そしてJR東日本最後の201系の自走。
私自身の趣味が趣味たる所以である大きなきっかけと理由が消えてしまうこの日、その最後の勇姿を見届けてきた。

IMG_1978.jpg
京葉車セから最後の出庫、隣を後輩が彩る。

IMG_1993.jpg
そのハンドルは201系最後の、長野への片道切符ー

IMG_1999.jpg
カナリアの記憶

IMG_2002.jpg
抜かれた幕、そして長野への通行証を載せて

IMG_2007.jpg
現役の形見を抱きて

IMG_2005.jpg
もう、左には行かないんだね。

IMG_2009.jpg
平日早朝にもかかわらず、多くのファンに見送られ、住み慣れた地を旅立つ。

IMG_2027.jpg
さらば京葉線ー

IMG_2035_20110626153234.jpg
しばし待機

IMG_2038_20110626153233.jpg
最後の並び

IMG_2070.jpg
梅雨空のもと過去の職場で、未来の東京を臨み…そして今、長年のフィールドを去りゆく。

IMG_2074.jpg
完成、見られなかったね。

IMG_2105.jpg
安定の甲府カーブで1枚。

IMG_2118.jpg
山を上る者、下る者…青い電車は二度と山は下れない。

IMG_2126_20110626152815.jpg
これからも鉄路を支える者、これまで鉄路で支えた者―

IMG_2132.jpg
西へ西へー

IMG_2134.jpg
発車間際。2つの 54 の札も誇らしく。

IMG_2142.jpg
甲府発車、職員の方々も見送りに…

IMG_2154.jpg
振り向いた先のOut of service -201系 おつかれさまでした-

そして私が見送った最後の地、聖高原でー

IMG_2183.jpg
傾く夕日と信州の山を背に

IMG_2189.jpg
星となった多くの仲間の元へ、甲高いジェット音を辺りに響かせて

IMG_2198.jpg
終わりの地へ走り去っていった。

IMG_2208.jpg
2本のレールの上を、ただひたすらに―

都合によりいつものNN見送りは断念。他所の素晴らしい諸氏が撮影されているのでそちらをどうぞ。
これだけは本当に悔しいけど、最後まで気持ちよく見送ることができて本当になにより。
中央線の201系でもそうだったけど、この形式 201系が心底好きだったんだなと思う。
だったらわざわざ外泊とか、夜通し歩くとか、そんなことなんてしないもんね。
私にとってそこまでするだけの価値が、この車両にはあった。
初めてカメラを握っておよそ8年、一番多くシャッターを切ったであろう被写体が身近な場所から消えてしまうことには、記事を書いている今でも、未だに信じられない。出来れば信じたくない。
「時代の流れ」という一言で片付けられることもできるけど、それ以上のモノを自分に与えてくれたと考えている。
そしてその姿をできるだけ自分なりに、満足が出来るまで記録できたのは本当に嬉しかった。
次は手元に遺していきたいね。
豊田に残る関東最後の1両がどうなるのかはまだ知りませんが、出来ることならその姿は何らかの形で在ってほしい。

さようならは言わない。手短に伝えよう。


ありがとう

201系 おつかれさまでした。

Posted on 03:59 [edit]

category: 201系

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://seriese926.blog63.fc2.com/tb.php/515-61c8871e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。