07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

ひがしめろぐ。

  気の向くままに好きなモノを。白い209と、通勤形と、ゆるゆると。

--

--/--

--.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

trackback: --     comment: --

Page top△

2010

10/17

Sun.

東京を駆けたオレンジ色、永訣の日。-中央線201系H7編成さよなら運転- 

本当の最終章。

IMG_8546.jpg

2010年10月17日


ある秋の日曜日、豊田車両センター・中央線201系の営業運転完全撤退日。

IMG_8566.jpg


これまで何度ラストランと聞いてきただろう
2008年度末で、2009年度末で、下り高架化工事が終わったら…
そんな予想を幾度となく跳ね返してきた、ブラックフェイスなオレンジバーミリオン一色の中央線の主も、今度こそ終焉の時。

最後だから…という気持ちがすべてではないけれど、H4のさよなら以上に気合入れてきました。
なんだろう、H4の時はまだH7が残ってるという妥協かな、妥協したわけではないけどそんな感じがあったのも事実。
自分のできうる範囲で、撮りたいアングルで、妥協はせずに。
ですが今回は本当に泣いても笑っても、ヘッドライト点けて、パンタグラフ上げて、ジェット音も高らかに突っ走る中央線の201系をこの目で見ることができるのも最後。
スナップ的なこともしたかったけど、そんな余裕はない、というか殆ど出来ない状況なので傍から見たら単なる追っかけだけど、そこはそこ。
とにかく”悔いのないよう”を第一に、最後の豊田→北長野までのオレンジバーミリオンを追いかけてきました。

H4の時は豊田出発を見送ってから相模湖で抜いて…という経路でしたが、今回はH4以上の人手になると踏んではじめから山線内で待機。
だけどやっぱり気になるよ…というわけで始発でまずはトタ区へ。


IMG_8355.jpg
蔵の中で、あと4時間ちょっと。
後釜E233と最後の語らい、何を思うか…

IMG_8357.jpg
「ありがとう」HMも誇らしく、その時を待つ。

後ろ髪をひかれる思いではあったけど、妥協は禁物。
急ぎ足で猿橋?大月の鉄管のアングルへ…
到着時にはすでに2名いたけど、マイポジは難なく確保。3時間ちょい待機…

奥のカーブに輝く見慣れた2つのヘッドライト。そして長い警笛がこだまして、

IMG_8530.jpg
ああ、本当にやってきた…

IMG_8540.jpg
山らしさあふれる(と、個人的に思う)ココを走り抜けるのも最後。
8月の平日17Tの時のリベンジという意味合いもあったけど、うまい具合に来てくれてなにより。

IMG_8543.jpg
心地良いカーブを抜けて大月へ―

さて第一の勝負はここから大月までのダッシュ。
ここで後続のかいじを逃すとすべてが終了なのでH7が視界から消えたと同時に機材担いで走りだす。

IMG_8560.jpg
なんと大月発車に間に合ってしまった。
ファンも車掌も、みんな手を振りシャッターを切り…多くの人に愛された証拠を垣間見た。

それにしても撮影地からおよそ8分ちょっと。普段なら15分かかるところを頑張った俺。
かいじ103号に乗車、塩山で抜いて甲府で迎える。
甲府に着けば駅先で済ませていたH4の時とは違い、異様な人の数。
足早に過去2度のさよならH7関連でおなじみとなった甲府手前のカーブへ。
さすがにココはマイポジゲットとはならなかったものの、その下ならいけそう…

IMG_8571.jpg
長い警笛とともに、ゆっくりと、

IMG_8576.jpg
甲府駅へ足をすすめる。

IMG_8582.jpg
にこやかに笑う運転士、その横には白地に赤の 7 のいつもの編成札、そして花束…
豊田区特製のさよならHM、さらには特別仕様の行先幕…

IMG_8585.jpg
多くのファンや人々、

IMG_8588.jpg
現業の方々にも、

IMG_8590.jpg
「中央線の201系」は愛されている。

IMG_8601.jpg
車内で乗車する人々、現業の方々、そして線路際で撮影する私たち。手を振り、手を振り返し、そこに居た人々が一体となっていたかのような素晴らしい数十秒間でした。

第二の勝負はちょっとハードルが上がって、ここから5分で甲府駅までダッシュであずさに乗車すること。
ここも逃したら終了というところ、滑り込みセーフで無事着席。
今日真夏日だったっけ?ってくらい汗だくなヤツ、、多分私です(苦笑)

あずさ13号で一気に松本→聖高原?冠着のストレートへ。
それにしても最終日とはいえ、キセルだの不正乗車多すぎだろ(苦笑)
気持ちはわからんでもないがほんとに好きならそれなりの行動をしろってんだ。

そこの居た人たちの機材まとめた総額何百万だろコレって場所で非常に緊張(笑)

戯言はさておいて、前に入れていただき好みのローアングルで仕留めることに。
よくよく考えてみれば「完全な直線構図」で201を撮ったことってそんなになかった。
側面キラリ、床下までくっきり。そんな最後の最後に相応しい”お立ち台”で待つこと30分ちょっと…

IMG_8651.jpg
最後の旅路を、

IMG_8655.jpg
こちらに向かって、

IMG_8661.jpg
ジェット音も高らかに、山道を長野目指して突っ走っていきました。

IMG_8664.jpg
窓、すごく綺麗なんだぜ…豊田の清掃係の方々には本当に頭が下がります。。

IMG_8668_20101018184942.jpg
手を振る人、返事をするかのような長い警笛があたりに響き渡る…

これが私の中央線201系の最後のカット…なわけがない。
最後に目指すは終着の地、長野総合車両センター。

IMG_8718.jpg

IMG_8725.jpg

IMG_8784.jpg

IMG_8793.jpg

IMG_8809.jpg
ちなみに3枚目は一脚フル展開+レリーズ使用という変態構図ギリギリの構図。
影はしょうがないとはいえ、なんとか架線柱に邪魔されず、H7を写せることができました。

IMG_8811.jpg
本当のラストカットは、長野総合車両センターを見下ろす陸橋の上から。
もう東京でも、会わないんだ…少し目が潤みつつの1枚でした。

そして帰りはお決まりの長野駅ビルのうまいそばを食べ、東京行き最終のあさまで帰宅。
「…ずっと遠くまで 道が続いてる 終わりと思ってた壁も 新しい扉だった
  砂漠の花の 思い出を抱いて ひとり歩いて行ける まためぐりあう時まで…」
 (砂漠の花/スピッツ)
…帰りのあさまの中でこんな歌詞聞きながら撮った画像見てたら、またしても目が潤む。

前の記事でも書いたとおり、はじめは模型、今はそれには似合わない機材。
夜間撮影も、普通に撮るでも、スナップでも、資料にしても、そこまで自分を動かした存在が中央線201系というわけだ。
本当にのめりこむと、自分はこうまでなってしまうのかと今更になって驚いているわけだけど。

G7で撮り始めてからおよそ5年、一眼で撮ってちょうど1年。
少々後悔するところもあるけど、最後はきっちりお別れできてよかった。
たかが趣味、されど趣味。思い返せば本当にいろいろなことをもらってきた。
写真も模型も思うように表現する、あるいはしようとする姿勢
一つのことに対してよくよく考えること、それを行動にうつすこと
見ず知らずの人と201系という存在を通してコミュニケーションができたことや、人とのつながり…中央線の201系という存在がなければ、どうなってたんだろう…と考えると、充実してなかっただろうな…とか、いろいろと想像もつかないことが多いことに気づかされる。
なんかいろいろと言葉が出てきて自分でも収拾がつかなくなってるけど、とにもかくにも、中央線の201系が若い頃の、今の自分に相当の影響を与えたことだけは間違いない。
少なくともここ最近の半年は、そう思えることが色々とあった。

さて、実車が終わったら今度は模型!ということで、好きなものは今まで通り撮りつつ、原点回帰じゃないけど「中央オレンジ201」に向けていた熱はそのまま模型の方に向けましょうか。


最後に。
これまで私にさまざまご教示くださった、あるいはお付き合いくださった、私に少しでも関わりのあったすべてのみなさま
素晴らしい作例をネット上に公開してくださったみなさま
そして最後の松本→聖高原での同行を快諾してくださいました松の木さん
いくら感謝してもしたりないくらいで…
それはともかくとして、この場で恐縮ですが御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。


そして


さようなら、そしてありがとう、中央線の201系。
黒い顔、オレンジ色の車体で昼夜問わず都会や山間をかっ飛ばしたその姿は、絶対に忘れない。



?おまけ
IMG_8702_20101018191355.jpg
夕刻の聖高原で。肌寒かったけど、心あらわれるいい空でした。

Posted on 23:59 [edit]

category: 201系

Page top△

コメント投稿

Secret

Page top△

トラックバックURL

→http://seriese926.blog63.fc2.com/tb.php/471-03c154db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。